京都月光荘日誌〜泊まれる飲み屋の日常〜


おうどん「一麦七菜」

2022年05月12日(木曜日)
ななみ@農園担当

今日のお昼、前から気になっていたうどん屋さんに行きました。
月光荘から歩いて10分くらいのところにある
「おうどん 一麦七菜」というお店です。
外観は民家のような感じ。

引き戸をガラガラっと開けてお店に入ると、
店内は光が入り、シンプルでお上品な感じです。
入ってすぐのところに小さな石庭があったり、
細やかなランプシェードがあったり、卓上の調味料入れが竹細工だったりします。
テーブル、お座敷、カウンター席もあります。

さすがうどんやさんなので、うどんのメニューがかなり豊富です。
美味しそうなものがたくさんあったのですが、
今日は初めて来たので
お店の名前にもされてる「七菜」の温かいうどんを選びました。

どんなおうどんかというと、
一麦七菜の「温七菜」

おつゆがかかったうどんに
「七菜」七種の季節の野菜の揚げびたし
が載っています。

まず、おつゆがとても美味しい!
透明で、なんとなくきらきらしています。
利尻昆布と削り節のおだしだそうです。
おうどんは細めで、口に運ぶとお肌はつるっとしてて、
噛むともっちり感があります。


そして「七菜」

それぞれのお野菜の風味と食感がしっかりあって、おだしがじゅわっとしみていました。
一つ一つおいしいので、次はどの野菜にしようかな〜とわくわくした気持ちで、うどん、揚げびたし、うどん…と食べ進めます。

最後にどんぶりに残ったおつゆ、
美味しかったのでちょっとずつ飲み干したのですが、
さつまいもやなす、大根など七菜の味も溶けていました!
見た目も美しくて、
ひとくち目から完食まで、
うどんとつゆと七菜がきれいに合わさっていてとても美味しかったです。

2週間くらい前に月光荘の近くに引っ越してきたので、
他にも気になるうどんを食べに、またこようと思います。
次はわさびのおうどん、その次は湯葉とお揚げの刻みうどんをねらってます!

とっても美味しくて、目も舌も喜ぶおうどん。
京都に来られたら是非食べてみてください。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜        

京都 西陣のゲストハウスと酒場

旅の宿『京都月光荘』 & 泊まれる飲み屋『八雲食堂』 & 立ち飲み『カドヤ』

京都市北区紫野南舟岡町73-18 

電話:080-6924-8131

メール:gekkousoukyoto@gmail.com